コンテンツ

蛇口の水漏れは環境によって左右される

蛇口を閉めてもポタポタ水漏れが発生するトラブルはしばしば聞かれます。これは内部の機能不全が原因です。そもそも蛇口も他の住宅の建材と一緒で、長年使用しているとどうしても劣化してしまいます。一般的に10年も同じものを使っていると、劣化が進んでトラブルが起こりやすくなります。しかし使い方や使用している環境によって劣化のペースは異なります。

■住んでいる場所の水質によって影響を受ける

現在ではほとんどの住宅で水道水を利用しているでしょう。ただし地方の中には一部井戸水を利用している家庭もあります。この場合、蛇口の部品の劣化が条件によっては進みやすくなります。これは井戸水などの天然水の場合、不純物が多く含まれているからです。特に温泉水を生活用水として使用している場合、水のトラブルが起こりやすい傾向があるといいます。温泉の成分がハンドルに付着することで、うまく閉められない、もしくはハンドルが硬くて回らないなどのトラブルが発生しやすくなります。

■使用頻度によっても寿命に変わりが出る

同じ住宅でも水のトラブルの起こりやすい箇所は異なります。業者に持ち込まれる修理案件を見てみると、台所の蛇口からの水漏れが多くなっています。その理由として、使用頻度が大きく関係しています。日々炊事や洗い物で利用するキッチンの蛇口は、出したり止めたりする頻度は多くなります。浴室や洗面所と比較して回数が多いのが特徴です。蛇口をひねると水が出てきますが、これは常に水道に水圧がかかっているからです。水圧とともに水をせき止めているわけですから、出したり止めたりするとそのたびに大きな衝撃がかかります。業界では水撃という専門用語がありますが、この水撃をたくさん受けている蛇口はそうでないものと比較して故障するリスクが圧倒的に高くなるとされています。無駄に水を出したり止めたりするのは、極力回避するのが長持ちさせるためのコツです。

■まとめ
蛇口からの水漏れトラブルは水道修理業者によく持ち込まれるトラブルの中の一つです。そのほとんどが内部の部品の劣化が原因です。この劣化は使用している環境や使い方によって変わってきます。環境を変えることは難しいものですが、日ごろから水道の様子をこまめに確認することが大切です。またできるだけ無駄な水道の開け閉めを避けるように心がけることでも、トラブルの発生回数を少なくできます。すぐにでも実践できることなので、今日からでも取り入れてみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ