コンテンツ

洗濯機周りの床で水漏れが起きる原因

日々洗濯機を使っている世帯が大半ですが、洗濯機を使っていたところ、その周辺の床が濡れていたという体験をしたことがある人もいるでしょう。場合によっては、床にちょっとした水たまりができていることもあります。なぜこのような状態になってしまうのかというと、それは洗濯機のどこかで水漏れが起きているからです。床が濡れているようなトラブルの場合、排水ホースのどこかでトラブルが起きているか、そうでなければ本体の異常が疑われます。

■排水部分のトラブル

洗濯機周りの床が濡れている場合、排水ホースのトラブルを疑ってみましょう。排水ホースはビニール製のものが主流で、長年同じものを使っていると徐々に劣化します。その結果、ひび割れが発生したり穴が開いてしまったりして、水漏れが発生します。その他には本体とつなぐところが緩んでしまうことで、水が漏れ出てしまう事例も見られます。特に洗濯機置き場の位置関係で本体だけでは短く延長ホースを使っている家庭もありますが、この場合、延長部分ともつなぐ必要があります。つなぎ目が多くなればなるほど、それだけ漏れのリスクも高まります。このいずれでもない場合は、排水口の近くに汚れが溜まっているかもしれません。汚れが水の通り道をふさぐ形になって、逆流する形で床を濡らします。

■本体で問題が起きている可能性も

ホースをいろいろとチェックしたけれども異常が見つからないというのであれば、本体の異変が疑われます。まずは洗剤ケースを確認してみてください。長年お手入れをしないと、洗剤が固まってしまうことがあります。すると水の通り道をふさいでしまって、いき場を失った水が逆流し、水漏れを起こします。この場合、ケース部分を掃除して塊を除去しましょう。またごみ取りフィルターにごみがたくさんあるとこれ以上ごみが取り除けなくなります。ごみが排水口に溜まってしまうと、同じように逆流を引き起こします。

■まとめ
洗濯機は毎日回すという家庭も多いでしょう。今まで大丈夫だったのに、ある時床がびしょ濡れになっていると故障したのではないかと不安に感じるかもしれません。しかし実際には排水ホースもしくは本体に原因がある場合がほとんどです。ホースが劣化すれば、新しいものに交換するなど対処すると改善する可能性は高くなります。自分で行うのが不安なら、業者に依頼をすることが大切です。またごみなどはこまめに取り除いておけば、水漏れトラブルの発生リスクを低減できるので、日ごろから心がけておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ